むくみ・冷えでお悩みの方へ

むくみ・冷えによくある症状

  • 仕事終わりは
    足がパンパン
    にむくむ

  • 足が冷えて
    夜なかなか
    眠れない

  • 重ね着をしても
    なかなか身体が
    温まらない

  • 足の血管が
    浮き出てきた
    ことが気になる

なかなか改善しないむくみ、冷え

むくみ、冷えは体質だけではなく、

日常生活での習慣くせも原因になると考えられます。

 

こちらでは「むくみ、冷えの原因」と

「日常生活で簡単に行える対処法・予防法」について詳しくまとめてあります。

長年むくみ、冷えに悩まれている方は、ぜひご一読ください。

むくみ・冷え改善メニュー Recommend Menu

むくみ、冷え性の原因について

多くの女性を悩ませる「むくみ・冷え」は、いったいどのような原因で起こるのでしょうか。

こちらでは、「むくみの原因」と「冷えの原因」を詳しくご紹介していきます。

 

【むくみの原因】

 

身体がむくんでしまう主な原因は、「血液循環の不足(代謝の悪さ)」が考えられます。
血液循環が悪くなってしまう要因として、次のようなことが挙げられます。

 

・運動不足(筋力不足)

筋収縮によるポンプ作用が、血液循環に大きな役割を果たしていると考えられます。
特に身体の末端部分(ふくらはぎ)は、血管の収縮だけでは血液を上に運ぶのは難しく、筋ポンプ作用が重要になってきます。
しかし、運動不足で筋力が低下している場合は、筋ポンプ作用が十分に働かないため、身体がむくみやすくなります。

筋肉量が少ない女性は特にむくみやすく、足に血液が溜まった状態が長く続くと、血管が紫色に変色したり、コブができたりする「下肢静脈瘤」になることもあります。

・立ち仕事、長時間の同じ姿勢

立ち仕事やデスクワークで長時間同じ姿勢をとっていると、重力の関係でふくらはぎに水分や血液がたまりやすくなります。
また、車や飛行機で長時間座った姿勢が続くと「エコノミークラス症候群」を引き起こすリスクがあり、むくみだけではなく命に関わる危険も出てきます。

・姿勢(骨盤)のゆがみ

骨盤まわりには足に流れる大きな血管が走っています。
骨盤にゆがみがあると血管が圧迫されるために血流が悪くなり、足のむくみに繋がりやすくなります。

・病気の場合(腎機能障害、リンパ浮腫)

腎機能障害を持っている場合は、腎機能が落ちて、代謝も悪くなりやすいと考えられます。
また、ガンの手術、リンパ管の切除によっても、身体の一部がむくみやすくなると言えます。

 

【冷え性の原因】

 

身体が冷える原因としては、むくみと同じく「代謝の悪さ」が関与していることが多いです。

それは、血液循環が悪くなっていることで、温かい血液が全身に行き渡らなくなると考えられるためです。

その他、身体が冷える原因としては次のようなことが挙げられます。

 

・食事

きゅうり、トマト、レタスといった夏野菜は身体を冷やすと言われています。

・身体を冷やしやすい生活習慣(日常生活でのくせ)

湯船に浸からずにシャワーだけで済ませたり、いつも薄着の服装で過ごしている方は身体が冷えやすくなります。
その他、夏場であってもエアコンの風に直接当たっていると、身体が冷える要因になります。

・自律神経の乱れ

ストレスや不規則な生活によって、自律神経が乱れると身体が冷えやすくなります。
自律神経が乱れることによって、血液循環のコントロールや体温調整がうまくいかなることが考えられるためです。

日常で簡単にできるむくみ、冷え対策

つらい身体のむくみ、冷えを解消するためにはどのような対処法があるのでしょうか。

こちらでは、日常生活で簡単に行えるむくみ、冷えの対処法・予防法をご紹介していきます。

 

【むくみの対処法・予防法】

 

・手足ぶらぶら体操

仰向けに寝て手足を天井に向けてまっすぐ伸ばし、手足をぶらぶらさせましょう。
末端部分に溜まった水分や血液を、体幹に戻して循環を改善させる効果が期待できます。

 

・ふくらはぎのストレッチ、足首の体操

デスクワーク中や電車で座っている際など、つま先を限界まで上げてふくらはぎをストレッチしましょう。
また、つま先の上げ下げ、ぐるぐる回すなど足首の体操も、ふくらはぎの筋ポンプ作用を起こすことが期待できますので、むくみの改善に効果的です。

 

・水分補給

身体の水分量が少ないと、身体はより「水分をためておこう」と働いてしまい、むくみやすくなることがあります。
たとえ喉が乾いていなくても、1時間ごとに2口程度こまめに水分補給をする習慣を付けましょう。
身体が冷えますので、白湯か常温のお水がおすすめです。

 

【冷えの対処法・予防法】

 

・入浴

湯船に浸かって入浴することで、身体を芯から温めることができます。
40度のぬるめのお湯に、20分ほどかけてゆっくり浸かるようにしましょう。

 

・ウォーキング

ウォーキングによって全身の血流をよくすることで、冷えの改善を期待できます。
また、ウォーキングはふくらはぎの筋肉をよく使うので、むくみの改善にも効果的です。

 

・ジンジャーティー、ココアを飲む

ジンジャーティーとココアには身体を温める効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:山田 真人(やまだ まさと)
出身:京都市出身
資格:柔道整復師、中学・高校保健体育教員免許 
スポーツ歴:野球(甲子園出場)、ラグビーのトレーナー(大阪府警)
趣味:スポーツ観戦(特にラグビー観戦)、旅行、寿司と焼肉が大好き

患者さんへ一言:約8年大阪の老舗針灸接骨院で勤務し外傷から原因不明の病気や難病患者のリハビリも経験し、代償運動をみつけて改善する事が得意です。
元大阪府警ラグビー部のトレーナーでもありスポーツ障害も得意としています。
リンパドレナージュを選手のコンディショニングに取り入れ、トップウェストリーグ優勝に貢献し、大阪府警から感謝状をいただきました。
パラリンピック選手、Jリーガーのコンディショニングも行った経験があります。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院
住所〒120-0034 東京都足立区千住3-48
最寄:JR北千住駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院 公式SNSアカウント 北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院 公式SNSアカウント 北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中