スポーツによるケガでお悩みの方へ

スポーツによるケガによくある症状

  • サッカーの際
    膝を強く捻って
    しまった

  • 柔道で背負い
    投げをする際に
    肩が外れて
    しまった

  • 走り込みを
    していたら
    すねの骨に
    痛みが出てきた

  • ダッシュの際に
    ふくらはぎに
    鋭い痛みが
    走った

スポーツによるケガからの早期回復を目指しましょう

スポーツの現場では、衝突、転倒、転落など身体に大きな外力が加わりやすく、

ケガが起こりやすいところでもあります。

 

悪化を防ぐことや、なるべく早く回復させるためにも、

ケガをしてしまった場合は適切な処置を行うことが大切です。

 

こちらでは「スポーツによるケガ」について詳しくまとめてあります。

ケガの予防方法もご紹介していますので、スポーツをされている方はぜひご参考ください。

スポーツによるケガ改善メニュー Recommend Menu

スポーツ外傷・スポーツ障害について

同じスポーツによるケガでも「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」の2種類あることをご存知でしょうか。

発生する原因や症状も変わってきますので、こちらで詳しくみていきましょう。

 

【スポーツ外傷について】

 

スポーツ外傷とは「相手選手と衝突して強打した」「激しく転倒して骨折した」「関節を強く捻った」といったように、一回の大きな外力によって発生したケガのことを言います。

「どのようにケガをしたのか」の原因がはっきりしたものになります。

スポーツ外傷には、「骨折」「脱臼」「捻挫」「打撲」「肉離れ」「腱断裂」「神経損傷」「血管損傷」などが挙げられます。

スポーツ外傷はスポーツの現場で起こりやすいですが、転倒や転落、事故によって日常生活でも起こる可能性は十分にあります。

 

【スポーツ障害について】

 

スポーツ障害とは、繰り返しのストレスにより、微細な損傷が蓄積することで発生したケガになります。
スポーツ外傷とは違い「この動作で痛めた」という原因がはっきりしないことが特徴として挙げられます。

スポーツ障害の代表的な症状には「テニス肘(中高年女性に多い)」「野球肘、野球肩(子どもに多い)」「マラソンによる足の疲労骨折(幅広い年代で発生)」などが挙げられます。

また、特にスポーツをしていなくても、家事や仕事で手首をよく使われる方は、テニス肘の症状を生じることがあります。

 

【スポーツ障害を起こしやすい要因】

 

・オーバーユース(overuse)

同じ動作を繰り返す「使いすぎ」のことを言います。
たとえ一回の外力が小さくても、反復することで痛みを生ずる損傷に繋がってしまうと考えられます。

 

・ミスユース(misuse)

間違ったフォームで運動を繰り返すことを言います。
間違ったフォームでは余計な負荷が身体にかかるため、痛みが生じる損傷に繋がってしまうと考えられます。

 

・ディスユース(disuse)

準備運動不足で運動を開始して、身体に急な負荷がかかることを言います。
身体が硬い状態で動かすために、筋肉や靭帯が引き延ばされて損傷しやすくなると考えられます。

スポーツによるケガの対処法・予防法

スポーツ現場で実際にケガをしてしまった場合は、どのような対処をしていけば良いのでしょうか。

日常でできる、ケガの予防法と合わせてご紹介していきます。

 

【ケガをした場合の対処法(RICE処置)】

 

骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れといった急性のケガには、早急な「RICE処置」が大切です。

Rest(安静):組織の損傷を悪化させないように、患部を安静にします。

Icing(冷却):内出血による腫脹を抑えるために、患部を冷却します。
氷水、アイスパック、保冷剤などを使用し、直接当てるのではなくタオル越しに当てるようにします。
(冷やしすぎには注意しましょう)

Compression(固定):腫脹を悪化させないために、バンテージ、テーピング、包帯などで患部を圧迫します。

Elevation(拳上):腫脹が身体の末端部分にたまらないように、患部を心臓より高い位置に挙上します。

 

・ウォーミングアップ・クールダウン

運動前にはストレッチや準備体操で、十分ウォーミングアップを行うようにしましょう。

身体が硬い状態で運動をはじめると、筋肉や靭帯に負担がかかってしまうと考えられるためです。

また、運動後にクールダウンを行うことで、筋疲労の原因となる老廃物の排出を促すことが期待できます。

 

・運動の中止

運動中に痛み、違和感を感じたら運動を休止することも大切です。
損傷が悪化する前に運動をやめて様子をみるようにしましょう。

 

・フォームの見直し

何度も同じ箇所に痛みが出るようであれば、フォームが悪い可能性があります。
コーチや先輩にアドバイスを受けるなど、身体に負担が少ないフォームになるよう修正していきましょう。

 

・関節、筋肉の保護(テーピング)

捻挫や脱臼など、関節が大きく捻られることで発生するケガには、テーピングによって関節を固定しておくと安心です。

著者 Writer

著者画像
院長:山田 真人(やまだ まさと)
出身:京都市出身
資格:柔道整復師、中学・高校保健体育教員免許 
スポーツ歴:野球(甲子園出場)、ラグビーのトレーナー(大阪府警)
趣味:スポーツ観戦(特にラグビー観戦)、旅行、寿司と焼肉が大好き

患者さんへ一言:約8年大阪の老舗針灸接骨院で勤務し外傷から原因不明の病気や難病患者のリハビリも経験し、代償運動をみつけて改善する事が得意です。
元大阪府警ラグビー部のトレーナーでもありスポーツ障害も得意としています。
リンパドレナージュを選手のコンディショニングに取り入れ、トップウェストリーグ優勝に貢献し、大阪府警から感謝状をいただきました。
パラリンピック選手、Jリーガーのコンディショニングも行った経験があります。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院
住所〒120-0034 東京都足立区千住3-48
最寄:JR北千住駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院 公式SNSアカウント 北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院 公式SNSアカウント 北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中