原因不明の痛み・しびれ
(首・肩・腕)でお悩みの方へ

原因不明の痛み・しびれ(首・肩・腕)によくある症状

  • 首から背中
    にかけて
    痛みやしびれ
    がある

  • 指先がしびれて
    感覚が鈍く
    なることがある

  • 長時間同じ
    姿勢でいると
    手がしびれる

  • 指先に力が入り
    にくい時がある

首〜手にかけてのしびれに不安をお持ちではありませんか

「指先がピリピリしびれる」「感覚が鈍くなっている」「しびれて力が入りにくい」など、

しびれは不快な感覚であることが多く、

できることなら早く取り除いていきたいものです。

 

こちらでは「手のしびれがなぜ起こるのか」といった原因と

「日常生活でできる対処法」についてまとめてあります。

手のしびれでお悩みの方は、ぜひご参考ください。

原因不明の痛み・しびれ(首・肩・腕)
改善メニュー Recommend Menu

首から手にかけてしびれてしまう原因は何があるのでしょうか

しびれの症状では、「どこで神経が圧迫されているのか」を考えていくことが大切です。

実際にしびれを感じている箇所とは、離れた場所に原因があることも多いです。

特に首・肩・腕・手のしびれの多くは「首」に原因があると考えられています。

 

【筋緊張による神経圧迫】

 

神経は脊柱管の中を走る「脊髄」と、脊髄から枝分かれして伸びている「末梢神経」に分けられます。

脊髄もしくは末梢神経が、なんらかの要因で圧迫されることにより、首から肩、腕、手にかけてのしびれが発生すると考えられています。

神経圧迫を起こす原因の多くは、日常生活での「首まわりの筋緊張」だと言われています。
鎖骨付近を走っている「腕神経叢」が、筋緊張で圧迫されることによって、首から肩、手にかけてのしびれに繋がります。

背中の丸まった猫背の姿勢では、首から肩にかけて緊張しやすくなると考えられます。
※首、肩、腕にかけての痛み、こり感、しびれなどを総称したものを「頸肩腕症候群」と呼びます。

 

【脊椎の病気が関係する手のしびれ】

 

・頚椎椎間板ヘルニア

椎骨と椎骨の間でクッションの役割をしている椎間板が後方に突出し、頸髄を圧迫したものになります。
加齢や長時間の不良姿勢(下を向いた姿勢)から起こると考えられています。

 

・頚椎症

加齢にともなって椎間板の水分量が減っていくことで、徐々に背骨の形が変わってきます。
椎骨のずれによって神経が圧迫され、しびれに繋がります。

中高年に発症しやすく、症状が悪化すると首から手にかけてのしびれだけではなく、膀胱直腸障害、歩行障害に繋がるリスクも考えられます。

 

【その他の原因】

 

・ホルモンバランスの崩れ

妊娠、出産、更年期によって女性ホルモンのバランスが崩れると「手根管症候群」を発症しやすくなると言われています。
手根管症候群では親指、人差し指、中指のしびれが特徴的な症状になります。

 

・内臓系の病気

「狭心症」「心筋梗塞」では、左の肩から背中にかけてのしびれが生じることがあります。
また、肩、腕だけではなく、身体の半分が全体的にしびれる場合は「脳卒中」の可能性も考えられます。

首から手にかけてのしびれを改善するためにできること

首から手のしびれは、首まわりの筋緊張が主な原因だと考えられています。

それでは、しびれを解消するためにはどのように対策していけばよいのでしょうか。

 

【日常生活で行える対処法・予防法】

 

・姿勢の改善

背中の丸まった姿勢では、首肩の筋肉に大きな負担をかけてしまう場合があります。
普段より背中を伸ばした姿勢をとるように心がけましょう。

また、下を向く姿勢も頚椎に大きな負担をかけてしまうと考えられます。
下向きにならないようスマホの画面は目の高さまで上げてみるようにしましょう。

 

・適度に休憩を入れる

長時間同じ姿勢をしていると、姿勢維持のために首から肩周りにかけて緊張しやすくなります。
デスクワーク、スマホの操作も1時間を目安に休憩を入れ、肩をぐるぐる回すなどリラックスする時間を適宜作るようにしましょう。

 

・肩甲骨のストレッチ

姿勢改善と、首まわりの筋緊張の緩和には肩甲骨のストレッチが効果的です。

椅子に座った状態で、手のひらを上にして背中側で指を組みます。
頭を後ろに倒し、腕を限界まで後ろに引くことで首から背中にかけてのストレッチが行えます。

呼吸をしながら、ゆっくりと伸ばすように意識しましょう。

 

・身体を冷やさないようにする

冷えは筋緊張を強める要因になりますし、神経を過敏にして、しびれを感じやすくなります。
冬場はもちろん、夏場も衣服を調整して、クーラーで身体を冷やさないように注意しましょう。

 

・入浴

血流不足も、しびれを強める要因になると考えられます。
湯船にゆっくり浸かって身体を温めることで、血流改善が期待できます。

また、入浴にはリラックス効果もありますので、身体の緊張にも繋がるストレスの発散にも効果的だと言えます。

著者 Writer

著者画像
院長:山田 真人(やまだ まさと)
出身:京都市出身
資格:柔道整復師、中学・高校保健体育教員免許 
スポーツ歴:野球(甲子園出場)、ラグビーのトレーナー(大阪府警)
趣味:スポーツ観戦(特にラグビー観戦)、旅行、寿司と焼肉が大好き

患者さんへ一言:約8年大阪の老舗針灸接骨院で勤務し外傷から原因不明の病気や難病患者のリハビリも経験し、代償運動をみつけて改善する事が得意です。
元大阪府警ラグビー部のトレーナーでもありスポーツ障害も得意としています。
リンパドレナージュを選手のコンディショニングに取り入れ、トップウェストリーグ優勝に貢献し、大阪府警から感謝状をいただきました。
パラリンピック選手、Jリーガーのコンディショニングも行った経験があります。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院
住所〒120-0034 東京都足立区千住3-48
最寄:JR北千住駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院 公式SNSアカウント 北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院 公式SNSアカウント 北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中