膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 歩き始めに
    膝のこわばり
    がある

  • 膝が痛くて
    正座ができない

  • 膝が痛むため
    階段の上り下り
    がつらい

  • 立ち上がる時に
    膝に痛みが走る

女性の方は膝の痛みにご注意ください

膝の痛みによって、日常生活に支障が出ている方も少なくありません。

特に膝に関しては「中高年」「女性」に痛みが出やすいと言われています。

それは一体なぜなのでしょうか。

 

こちらでは「膝が痛くなる原因」について詳しくご紹介していきます。

あわせて「日常生活でできる対策・予防法」についてもまとめていますので、

ぜひ参考にされてみてください。

膝の痛み改善メニュー Recommend Menu

膝が痛くなる原因は何があるのでしょうか

膝の痛みに対する適切なケア、予防を行っていくためにも、まずは膝関節についてしっかり理解しておくことが大切です。

こちらでは「膝の役割」「膝が痛くなる原因」について詳しくご紹介していますので、ご確認ください。

 

【膝の役割】

 

膝は体重を支える、重要な役割を果たしている関節です。
長年の使用で徐々に消耗していき、年齢を重ねるにつれて痛みを生じやすくなります。

 

また、スポーツでのケガであれば、若年層でも膝に痛みが出てくるケースもあります。

 

 

【膝の痛みの原因】

 

・変形性膝関節症(関節軟骨の磨耗)

「立つ」「歩く」「階段の上り下り」などで、関節を保護している「関節軟骨」が徐々にすり減ってくることがあります。
軟骨がすり減ることで、関節の骨同士が直接ぶつかりあったり、軟骨の破片が関節包を傷つけたりすることで炎症を起こした症状を「変形性膝関節症」と呼びます。

症状が進行すると、膝関節の変形(O脚)がみられることもあります。

特に中高年では長年の使用に加え、加齢によって軟骨の弾力性が失われてくることで、関節軟骨が消耗しやすくなります。
また、女性は膝を支える筋力が弱いために、膝関節に負担がかかりやすいことが考えられます。

 

・関節リウマチ

関節リウマチは自己免疫系の病気になり、関節に炎症が起こります。
手や足の指に症状が出ることが多いのですが、炎症が膝まで及んでくると、膝の痛みに繋がることもあります。

若年~中年の女性にリウマチは起こりやすいと言われています。

 

・膝のケガ(半月板損傷、膝関節靭帯損傷)

スポーツの現場で、膝に過度な「捻り」「荷重」の負荷が加わり、関節を支えている半月板、靭帯が損傷してしまうことによって膝の痛みに繋がることもあります。

日常で簡単に行える膝の痛み対策・予防法

膝の痛みにはどのような対策が適切なのでしょうか。

こちらでは「日常で行える膝の痛み対策・予防法」をご紹介します。
簡単に行えるものばかりになっていますので、ぜひ実践してみてください。

 

【変形性膝関節症の対策・予防法】

 

膝の痛みが強く、熱っぽさがあるようでしたら、湿布を貼ったり、氷水で患部を冷やしたりすることで炎症を抑えることが重要になってきます。(冷やしすぎにはご注意ください)

しかし、痛みがあるからといって安静にしすぎることは膝にはよくありません。

関節の潤滑を改善していくためには、膝まわりの筋肉を使うことや、関節にある程度の荷重をかけることが必要になってくるためです。

可能であるなら5分、10分でも構いませんので、歩くようにしましょう。
※痛みがある際には無理をしないようにしましょう
もし荷重が難しい場合でも、椅子に座った状態で膝の曲げ伸ばし体操を行うなど、膝関節は動かすように心がけましょう。

 

【関節リウマチの対策・予防法】

 

自己免疫系の病気になりますので、基本的には薬での対処になると考えられます。
「朝の手のこわばり」「発熱」「関節の腫れ、痛み」といったリウマチの初期症状がみられたら、なるべく早い段階で医療機関に相談することをおすすめします。

薬で炎症を抑えつつ、膝、足首の曲げ伸ばし体操などを行い、関節がこわばらないようにしましょう。

 

【半月板、靭帯損傷の対策・予防法】

 

重症でなければ、保存的に回復を目指してきます。
2〜3週間を目安にサポーターや包帯で関節を固定し、痛みや腫れの状態をみながら、徐々に動かしていきましょう。

膝のケガから変形性膝関節症に繋がることもありますので、スクワットなどで膝まわりの筋肉を鍛えておくことをおすすめします。

著者 Writer

著者画像
院長:山田 真人(やまだ まさと)
出身:京都市出身
資格:柔道整復師、中学・高校保健体育教員免許 
スポーツ歴:野球(甲子園出場)、ラグビーのトレーナー(大阪府警)
趣味:スポーツ観戦(特にラグビー観戦)、旅行、寿司と焼肉が大好き

患者さんへ一言:約8年大阪の老舗針灸接骨院で勤務し外傷から原因不明の病気や難病患者のリハビリも経験し、代償運動をみつけて改善する事が得意です。
元大阪府警ラグビー部のトレーナーでもありスポーツ障害も得意としています。
リンパドレナージュを選手のコンディショニングに取り入れ、トップウェストリーグ優勝に貢献し、大阪府警から感謝状をいただきました。
パラリンピック選手、Jリーガーのコンディショニングも行った経験があります。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院
住所〒120-0034 東京都足立区千住3-48
最寄:JR北千住駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院 公式SNSアカウント 北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院 公式SNSアカウント 北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中