股関節痛でお悩みの方へ

股関節痛によくある症状

  • 歩いていると
    足のつけに
    痛みが出てくる

  • 股関節が痛くて
    なかなか
    立ち上がれない

  • 股関節まわりに
    こわばりがある

  • 股関節の痛みが
    徐々に強くなり
    不安である

股関節の痛みには早めに対処していくことが大切です

股関節の痛みは中高年の女性に出やすいとされていますが、

サッカー、マラソンをされている若い方にも生じやすいと言われています。

幅広い年代の方が股関節の痛みで悩まされていることが分かります。

 

こちらでは、股関節痛をテーマに、原因、症状、日常的にできる対処法についてまとめてあります。

股関節の痛みにお悩みの方は、ぜひご参考ください。

股関節痛改善メニュー Recommend Menu

股関節が痛くなる原因について

股関節は体重を支える重要な関節になりますので、痛みがあることで日常生活に大きな支障が出てくることが考えられます。
また、関節は一度壊してしまうと基本的には元には戻らないものです。
症状を悪化させないためにも早急に対処していくことが大切です。

適切な股関節のケアを行っていくためにも、まずはこちらで股関節についてしっかり理解を深めていきましょう。

 

【股関節の役割】

 

股関節は、臼状になっている寛骨臼(骨盤)に、球体である大腿骨頭(大腿骨)がはまり込むことで、形成されています。
左右の2点で体重を支えており、歩行や走行時の衝撃を吸収してくれるクッションの役割を果たしています。

大きな可動域を持っている反面、関節がしっかりと固定されていないために「骨盤の位置(ゆがみ)」「歩き方」によって、負担がかかりやすいと言えます。

関節を支える筋力が弱いことに加え、ホルモンの影響で靭帯がゆるみやすくなることから、女性は股関節痛を生じやすいと言われています。

 

 

【股関節の痛みの原因】

 

・変形性股関節症(関節軟骨の磨耗)

スポーツや長年の使用によって関節軟骨が徐々にすり減り、骨同士が直接ぶつかり合うことで痛みを生じたもの「変形性股関節症」と言います。

加齢によって軟骨の弾力性が失われることで、中高年に発生しやすいとされています。
その他では「スポーツによる使いすぎ」「筋疲労の蓄積(筋緊張)」「肥満」なども、股関節に負担をかける原因になると考えられます。

また、股関節に痛みがあると、荷重バランスが崩れて膝や足首、腰への負担が増えてしまいます。
したがって、股関節痛を放置しておくと将来的には、膝痛、足首の痛み、腰痛に繋がる可能性があります。

 

【股関節痛に似た症状】

 

・婦人科系の病気

子宮筋腫、卵巣嚢腫といった婦人科系の病気がある場合も、下腹部から股関節にかけての痛みを生じることがあります。

 

・お尻の肉離れ

スポーツによってお尻の肉離れを起こした場合も、股関節痛に似た症状があらわれることがあります。

日常生活で行える股関節ケアの方法

股関節の痛みとして最も多い症状は「変形性股関節症」と言われています。

こちらでは変形性股関節症をメインに、症状や日常的にできる対処法をご紹介していきます。

 

【変形性股関節症について】

 

上述にもありますように、関節軟骨がすり減ることで骨同士が直接ぶつかり合い、炎症を起こした状態を言います。
初期の段階では「立ち上がり」「しゃがむ」「正座」「歩行」といった動きで、鼠蹊部(足の付け根)に痛みが生じることが特徴です。

適切な処置が行われないと症状は徐々に悪化し、動作時だけではなく、安静時にも強い痛みが出てきてしまうケースもみられます。

 

【日常生活で行える変形性股関節症の対策・予防法】

 

・水中ウォーキング

痛みがあるからといって動かさないと、股関節まわりの筋力と柔軟性が低下して、より関節にかかる負担が増えてしまいます。

水中で負荷を減らしながら歩いたり、泳ぐことで股関節をしっかりと動かすようにしましょう。
(平泳ぎは股関節に負荷がかかりますので控えるようにしましょう。)

 

・減量する

体重が増えると、股関節にかかる負荷も増加してしまいます。
股関節の負担を減らすためにも、適度に減量することも大切です。

 

<股関節の体操>

・仰向けに寝た状態で、片足をあげて膝を90度に曲げます。
・そのまま、膝で円を描くようにぐるぐると回すことで、股関節まわりを緩める体操ができます。

また、仰向けに寝たまま、片膝を曲げて胸の方に近づけることで、股関節まわりにストレッチを加えることもできます。

痛みの出ない範囲で行いましょう。

著者 Writer

著者画像
院長:山田 真人(やまだ まさと)
出身:京都市出身
資格:柔道整復師、中学・高校保健体育教員免許 
スポーツ歴:野球(甲子園出場)、ラグビーのトレーナー(大阪府警)
趣味:スポーツ観戦(特にラグビー観戦)、旅行、寿司と焼肉が大好き

患者さんへ一言:約8年大阪の老舗針灸接骨院で勤務し外傷から原因不明の病気や難病患者のリハビリも経験し、代償運動をみつけて改善する事が得意です。
元大阪府警ラグビー部のトレーナーでもありスポーツ障害も得意としています。
リンパドレナージュを選手のコンディショニングに取り入れ、トップウェストリーグ優勝に貢献し、大阪府警から感謝状をいただきました。
パラリンピック選手、Jリーガーのコンディショニングも行った経験があります。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院
住所〒120-0034 東京都足立区千住3-48
最寄:JR北千住駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院 公式SNSアカウント 北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院 公式SNSアカウント 北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中