捻挫・腱炎・腱鞘炎でお悩みの方へ

捻挫・腱炎・腱鞘炎によくある症状

  • 段差を踏み
    外して足首を
    強く捻って
    しまった

  • 親指の付け根
    に痛みがある

  • スポーツの
    着地時に膝を
    強く捻った

  • 腕を上にあげる
    と肩に痛みが
    出てくる

関節付近の痛みが生じる「捻挫」「腱炎・腱鞘炎」

「関節を強く捻ってしまった」

「使いすぎで関節が痛くなってしまった」など、

関節付近の痛みでお悩みではありませんか。

 

こちらでは関節に痛みが出る「捻挫」「腱炎・腱鞘炎」について、

症状が起こってしまう原因や、日常生活の中で行える対処法についてまとめています。

痛みの症状でお悩みの方は、ぜひご覧ください。

捻挫・腱炎・腱鞘炎改善メニュー Recommend Menu

「捻挫」「腱炎・腱鞘炎」それぞれの症状について

捻挫、腱炎・腱鞘炎はともに関節付近に出てくる痛みになります。
日常生活でも身近な症状になるため、対策と予防法についてしっかり理解しておくことが大切です。

こちらでは、まずは捻挫、腱炎・腱鞘炎の原因、症状について詳しくご紹介していきます。

 

【捻挫について】

 

関節が強く捻られることで、関節まわりの靭帯、腱が損傷した状態を言います。

正常の可動域を超えた関節運動が起こった場合と、軽い捻り動作の繰り返しや継続によって起こる場合があります。

「ジャンプからの着地の失敗」「接触でバランスを崩した際の踏み外し」などスポーツ現場でよくみられますが、日常生活においても多くみられるケガです。

 

・捻挫の主な症状

疼痛:患部に鈍痛がみられます。
腫脹:血管の損傷による内出血(皮下出血斑)がみられ、患部が腫れてきます。関節内に血がたまることで、関節血腫がみられるケースもあります。
圧痛:靭帯の損傷部分に特に強い圧痛がみられます。
関節の動揺性:関節がぐらつき不安定になります。

 

【腱炎・腱鞘炎について】

 

腱や腱鞘に炎症を起こした状態を言います。

腱や腱鞘が炎症を起こしてしまう原因は、はっきりとはわかっていませんが、繰り返しの動作によって生じた微小損傷によるものではないかと考えらえています。
腱炎、腱鞘炎を起こしやすい箇所としては「手の親指の付け根(ドケルバン症候群)」「肩関節」「上腕二頭筋」「アキレス腱」などが挙げられます。

加齢によって腱が弱っていくため、中高年に発症しやすいと言われていますが、ホルモンの影響で初産の方にも発症しやすいと言われています。これを「初産腱鞘炎」と言います。

 

・腱炎、腱鞘炎の主な症状

圧痛:炎症を起こしている箇所に圧痛がみられます
動作時痛:炎症を起こしている腱、腱鞘を動かすと痛みを生じます
腫脹:症状が悪化した場合、患部が腫れてくることがあります

捻挫、腱炎・腱鞘炎の対策・予防法について

捻挫、腱炎・腱鞘炎になってしまった場合はどのような対処を行っていけばよいのでしょうか。

こちらでは、日常生活で行える対処法・予防方法についてご紹介していきます。

 

【RICE処置】

 

急性の外傷には早急な「RICE処置」が大切になってきます。
捻挫の急性期はもちろん、腱炎・腱鞘炎でも大切な考え方になりますので、しっかりと理解しておきましょう。

 

・Rest(安静):損傷が広がらないよう、患部を安静にします。

・Icing(冷却):炎症と腫脹を抑えるために、患部を冷却します。
氷水やアイスパック、保冷剤を使用し、直接当てるのではなくタオル越しに当てるようにして、冷やしすぎを予防します。

・Compression(圧迫):腫脹が広がらないように、患部を包帯、バンテージ、テーピングなどで圧迫します。

・Elevation(挙上):腫脹が末端部分にたまらないように、患部を心臓より高い位置に挙上します。

 

【捻挫の予防法】

 

関節が正常の可動域を超えて捻られることで発生すると考えられます。
そのため、スポーツをする場合は、捻挫をしやすい関節(足首)をテーピングやサポーターで固定しておくと安心です。

 

【腱炎・腱鞘炎の予防法】

 

関節の「使いすぎ」が原因になってくると考えられますので、関節を安静にしておくことが大切です。

しかし、仕事で安静が難しい場合は「テーピングやサポーターで関節を保護」「キネシオテープで筋肉、腱の動きをサポート」しておくと悪化の予防に効果が期待できます。

また、腱の柔軟性をつけておくために、日頃からマッサージやストレッチで筋肉を緩めておくことも大切になってきます。

著者 Writer

著者画像
院長:山田 真人(やまだ まさと)
出身:京都市出身
資格:柔道整復師、中学・高校保健体育教員免許 
スポーツ歴:野球(甲子園出場)、ラグビーのトレーナー(大阪府警)
趣味:スポーツ観戦(特にラグビー観戦)、旅行、寿司と焼肉が大好き

患者さんへ一言:約8年大阪の老舗針灸接骨院で勤務し外傷から原因不明の病気や難病患者のリハビリも経験し、代償運動をみつけて改善する事が得意です。
元大阪府警ラグビー部のトレーナーでもありスポーツ障害も得意としています。
リンパドレナージュを選手のコンディショニングに取り入れ、トップウェストリーグ優勝に貢献し、大阪府警から感謝状をいただきました。
パラリンピック選手、Jリーガーのコンディショニングも行った経験があります。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院
住所〒120-0034 東京都足立区千住3-48
最寄:JR北千住駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院 公式SNSアカウント 北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院 公式SNSアカウント 北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中