脱臼でお悩みの方へ

脱臼によくある症状

  • 出会いがしらに
    人とぶつかった
    拍子に肩が
    外れた

  • 口を大きく
    開けると
    顎が外れ
    そうになる

  • 試合中相手と
    衝突し、肩を
    脱臼骨折して
    しまった

  • 脱臼がくせに
    なって自分で
    戻すように
    なった

脱臼してしまったら早めの正しい処置が大切です

「脱臼」とは、何らかの外力が加わり、関節を構成している関節端が完全または不完全に転位して

関節面の生理的相対関係が永続的に失われた状態をいいます。

 

つまり、関節が外れてしまうということですが、脱臼した場合には、できる限り早い段階から

適切な応急処置をすることで、治癒までの期間や経過、予後にまで大きな差が出てくることがあります。

 

ここでは、どのような脱臼が多いのか、脱臼してしまったらどうすれば

よいのかなどといったことについて詳しくみていきます。

脱臼早期回復メニュー Recommend Menu

脱臼の分類と症状

「脱臼」とは、何らかの外力が加わり、関節を構成する関節端が解剖学的状態から完全または不完全に転位して、関節面の生理的相対関係が永続的に失われた状態とされており、関節がはずれた状態を指します。
脱臼には大きく分けて次のような分類があります。

 

【脱臼の分類】

 

・完全脱臼

関節が完全に外れた状態

 

・不全脱臼(亜脱臼)

関節から完全に外れ切っていない状態

 

【原因による分類】

 

・外傷性脱臼

怪我などの外傷による脱臼

 

・病的脱臼

基礎的疾患が原因の脱臼

 

病的脱臼は、さらに次のように分類されます。

 

・麻痺性脱臼

筋の麻痺によるもの

 

・拡張性脱臼

関節包の拡張によるもの

 

・破壊性脱臼

関節組織の破壊によるもの

 

【脱臼による症状】

 

脱臼には一般的外傷症状脱臼固有症状といった局所症状と、症状の程度によってショック症状などの全身症状が出ることがあります。

 

●一般外傷症状

 

・疼痛
持続性の疼痛のことです。

・腫脹および関節血腫
骨折に比べると比較的ゆっくり患部に腫脹が出現します。

・機能障害
患肢は一定の肢位に固定され、痛みを我慢することでわずかに動かせる程度です。

 

●脱臼固有症状

・弾発性固定、弾発性抵抗
脱臼固有の症状で、脱臼した関節に他動運動を試みると弾性の抵抗を感じます。
ある程度動かすことが可能ですが、力をゆるめると戻ります。

・関節部の変形
関節が外れることで骨頭の位置がずれ、関節腔が空虚となり関節軸の変化、脱臼肢の長さが短縮または延長するなどの変化がみられます。

 

【好発年齢と好発部位】

 

ラグビーやサッカーなどのコンタクトスポーツ、肉体労働者では、肩関節前方脱臼肘関節後方脱臼肩鎖関節脱臼が好発し、筋力が低下した高齢の女性や、最近では若い女性の間でも顎関節脱臼が起こることがあります。

また、一度脱臼を経験するとは繰り返す(再脱臼)可能性があり、回復後も関節の違和感や不安定性を自覚することがあります。

脱臼したら正しい処置、そして再発予防

脱臼した場合、早急に適切な処置を行うことで症状の悪化を防止し、回復の促進にも役立ちます。
医療機関や接骨院・整骨院へ行く前の対処法として基本的な応急処置方法を知っておきましょう。

 

【RICE処置】

 

応急処置の方法として、「安静・冷却・圧迫・挙上」の頭文字をとったRICE処置という方法があります。

R(Rest):保護
けが人の安全確保、受傷部位を保護し、悪化を防ぎましょう。

I(Ice):冷却
疼痛の緩和、炎症の抑制のため、アイスパックや保冷剤などでアイシングをしましょう。

C(Compression):圧迫
患部の内出血や腫脹を防ぎます。

E(Elevation):挙上
皮下出血や腫脹の抑制のため、受傷部位を心臓より高い位置で安静にしましょう。

また、外傷時の全身症状とされるショック症状に対しては次のように対処することでショック症状の軽減が期待できます。

 

【ショック状態への対処法】

 

・頭を低くし足を高くして仰向けにする

・衣服緩めてゆったりさせる

・身体をしっかり保温し、安静にする

・特に手足の保温に努め、元気づける

 

【日常でできる予防法】

 

・脱臼は、靱帯や軟骨などの軟部組織の修復までしっかり行わないと再脱臼する可能性があります。
受傷部位に対して応急処置を行い、速やかに医療機関や整骨院・接骨院にかかるようにしましょう。

・運動をする際には前後に必ずウォーミングアップとクールダウンを入れて身体の柔軟性を高めておきましょう。

入浴後で全身の血流が良くなっている状態でストレッチを行うことで、より効果的に関節や筋肉の柔軟性を高めることが期待できます。

規則正しい食生活と十分な睡眠を心がけ、ケガをしづらい身体にしましょう。

北千住中央整骨院の【脱臼】アプローチ方法

脱臼した関節周囲の組織修復期間はマイクロカレント療法超音波療法で、浮腫を改善し傷めた組織修復を促進します。

固定期間が終わると徐々に可動域を回復させながら、運動療法で固定期間中に萎縮して弱った筋肉を動かし筋力を回復させて機能を取り戻します。

筋力トレーニングしながら、他の関節と連動して動かしても支障がないように、日常生活での復帰に向けてすすめていきます。

※骨折、脱臼に関して施術を継続していく場合は医師の同意が必要になります。

著者 Writer

著者画像
院長:山田 真人(やまだ まさと)
出身:京都市出身
資格:柔道整復師、中学・高校保健体育教員免許 
スポーツ歴:野球(甲子園出場)、ラグビーのトレーナー(大阪府警)
趣味:スポーツ観戦(特にラグビー観戦)、旅行、寿司と焼肉が大好き

患者さんへ一言:約8年大阪の老舗針灸接骨院で勤務し外傷から原因不明の病気や難病患者のリハビリも経験し、代償運動をみつけて改善する事が得意です。
元大阪府警ラグビー部のトレーナーでもありスポーツ障害も得意としています。
リンパドレナージュを選手のコンディショニングに取り入れ、トップウェストリーグ優勝に貢献し、大阪府警から感謝状をいただきました。
パラリンピック選手、Jリーガーのコンディショニングも行った経験があります。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院
住所〒120-0034 東京都足立区千住3-48
最寄:JR北千住駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院 公式SNSアカウント 北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院 公式SNSアカウント 北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中