腰痛でお悩みの方へ

腰痛によくある症状

  • レントゲンで
    異常はみられ
    ないが、腰に
    痛みがある

  • 腰が痛くて
    朝なかなか
    起き上がれない

  • 前屈みになると
    腰に痛みが走る

  • 長時間座って
    いると
    腰に痛みが
    出てくる

長年の腰痛に悩まされている方、諦めないでください

「腰痛はもう改善できない」と諦めていませんか。

 

多くの腰痛は、日常生活に原因が隠されていることが考えられます。

そのため、私生活の改善によって、腰痛の解消が見込める場合も多く考えられます。

 

こちらでは「腰痛の原因」「日常生活でできる対策・予防法」についてまとめてあります。

なかなか改善されない腰痛でお悩みの方は、ぜひ最後までご覧になってみてください。

腰痛改善メニュー Recommend Menu

あなたを悩ませる腰痛の原因について

腰は身体の土台であり、漢字にもあるように身体の要(かなめ)だと言えます。
そのため、腰に痛みがある場合は、日常生活に大きな支障が出てくることもあります。

原因をしっかり理解して、きちんとしたケア、予防を行っていきましょう。

こちらでは「腰痛の原因」について、詳しくご紹介していきます。

 

【腰痛の原因】

 

腰の痛みには、病気が原因となっている場合もみられますが、多くの場合、医療機関では異常を認めない「原因不明」のものであると言われています。

 

【腰痛の原因が特定できないもの】

 

原因がはっきりとわからない腰痛は、「日常生活での筋疲労、筋緊張」から引き起こされると考えられています。
筋疲労、筋緊張が起きる要因としては、次のようなことが挙げられます。

・姿勢不良

背中の丸まった姿勢は腰への負担が強まり、筋緊張が強くなりやすい傾向があります。
筋緊張によって血管が圧迫されると血流不足を起こし、痛みの原因になる老廃物が蓄積しやすくなります。
また、長時間の同じ姿勢も、背中から腰にかけての負担になると言えます。

・仕事やスポーツによる筋疲労

力仕事やスポーツによって筋緊張が強まることで、腰痛に繋がります。

・ストレス

ストレスがたまると交感神経が優位になり、身体が緊張しやすくなります。

 

【腰痛の原因が病気の場合】

 

レントゲン、MRIなどの画像で異常が認められる腰痛は、主に背骨の病気が原因になっていると考えられます。

・腰椎椎間板ヘルニア

椎間板が後方に突出して、脊髄を圧迫した状態になります。

・腰椎椎間関節症

脊柱のまわりに炎症を起こした状態になります。
ぎっくり腰の原因の一つだと考えられています。

・脊柱管狭窄症

背骨の変性によって脊柱管が狭くなり、脊髄を圧迫した状態です。

・脊椎分離症、すべり症

椎骨の一部が分離した状態、椎骨が定位置よりずれた状態になります。

自分で行える腰痛の対策

多くの腰痛が、日常生活での姿勢や習慣、ストレスから引き起こされていると考えられます。

それでは、腰痛を改善していくためには、日常生活でどのような対策を行っていくことが適切なのでしょうか。

こちらでは「日常で簡単にできる腰痛対策」をご紹介していきます。

 

【日常で簡単にできる腰痛対策】

 

<ストレッチ>

腰痛を改善・予防していくためには股関節まわりのストレッチが効果的です。

まず、ストレッチによって血流を改善していくことで、痛みの原因になる老廃物の排出が促されることが期待できます。
加えて、股関節が動きやすくなることによって、腰への負担の軽減が望めます。

●お尻のストレッチ

・床に座り、片膝を立てます
・立てた膝に、反対の足の足首を乗せます(片膝が開いた状態)
この時点で身体が硬い方は、膝が開いている側のお尻が伸ばされている感覚があるはずです。
上半身を前に倒すことで、さらにストレッチを加えることができます。

しっかりと呼吸しながら、30秒ほどかけてゆっくりと伸ばすようにしましょう。

●内もものストレッチ

・床に座って両足裏を合わせます(両膝が開いている状態)
・その姿勢のまま、上半身を前に倒していきます
この状態の時に、股関節から内ももにかけて伸ばされていく感覚があるはずです。

しっかりと呼吸しながら、30秒ほどかけてゆっくり伸ばすようにしましょう。
背中はまっすぐ伸ばしたままで、骨盤から前に倒すように意識すると、より効果的にストレッチが行えます。

 

<ウォーキング(全身運動)>

習慣的なウォーキングによって、全身の血流を改善していくことで、老廃物の排出を促すことができると考えられます。
大股で歩くことによって、腰痛と関連の強い「腸腰筋」を大きく動かすことができます。

また、運動には気分転換の効果も期待でき、腰痛の原因になる「ストレス」の発散にも繋がります。

運動と同じく、「血流改善」「ストレス発散」の効果を期待できるものに「入浴」があります。
40度のぬるめのお湯に、20分ほどかけてゆっくりと浸かるようにしましょう。

著者 Writer

著者画像
院長:山田 真人(やまだ まさと)
出身:京都市出身
資格:柔道整復師、中学・高校保健体育教員免許 
スポーツ歴:野球(甲子園出場)、ラグビーのトレーナー(大阪府警)
趣味:スポーツ観戦(特にラグビー観戦)、旅行、寿司と焼肉が大好き

患者さんへ一言:約8年大阪の老舗針灸接骨院で勤務し外傷から原因不明の病気や難病患者のリハビリも経験し、代償運動をみつけて改善する事が得意です。
元大阪府警ラグビー部のトレーナーでもありスポーツ障害も得意としています。
リンパドレナージュを選手のコンディショニングに取り入れ、トップウェストリーグ優勝に貢献し、大阪府警から感謝状をいただきました。
パラリンピック選手、Jリーガーのコンディショニングも行った経験があります。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院
住所〒120-0034 東京都足立区千住3-48
最寄:JR北千住駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院 公式SNSアカウント 北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院 公式SNSアカウント 北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中