ぎっくり腰でお悩みの方へ

ぎっくり腰によくある症状

  • うがいをした
    際に腰に
    激痛が走った

  • 腰に強い
    痛みがあり、
    背中が伸びない

  • 腰が痛くて
    寝返りを
    うてない

  • くしゃみを
    した際、腰に
    強い痛みが
    あった

ぎっくり腰への不安はありませんか

ぎっくり腰は「魔女の一撃」とも呼ばれ、腰に動けなくなるほどの痛みが走ると言われています。

できることならぎっくり腰を起こさないために、予防していきたいものです。

 

ぎっくり腰とはいったいなぜ起こり、どのように予防することで防ぐことができるのでしょうか。

 

こちらでは「ぎっくり腰の原因と症状」「日常生活でできる予防法」についてまとめてあります。
腰に不安がある方は、ぜひ最後までご覧になってみてください。

ぎっくり腰改善メニュー Recommend Menu

ぎっくり腰を起こす原因は何があるのでしょうか

ぎっくり腰は正式名称を「急性腰痛症」と言い、主な症状としては急な激しい痛みが挙げられます。

その場から動けなくなるほどの激痛になることが多く、発症すると日常生活に大きな支障を感じることも多いです。

日常的にケアを行い、しっかりと予防していきましょう。
ぎっくり腰への適切なケアを行っていくために、まずは「ぎっくり腰になる原因」についてご紹介します。

 

【ぎっくり腰の原因】

 

ぎっくり腰を起こす原因は、現在のところ明確には分かっていません。
ぎっくり腰では身体がどのようになっているのかも、実はまだ分かっていません。

しかし、「筋肉の柔軟性の低下」「筋疲労の蓄積」といった筋肉の問題や、「腰椎椎間関節症(背骨に起きた炎症)」が原因になっているのではないかと考えられています。

 

背中から腰にかけての筋緊張を強め、背骨に大きな負担をかけてしまう要因には次のことが挙げられます。

 

・運動不足

運動不足により血流が悪くなり、筋疲労の原因となる老廃物が身体にたまりやすくなります。

・姿勢不良(猫背)

背骨は、首と腰の部分が湾曲(前弯)していることで身体を骨格で支え、重さを分散しています。
しかし、猫背の姿勢では背骨の湾曲が消失することにより、身体を骨格ではなく、背中から腰にかけての筋緊張で支える必要が出てきます。
加えて長時間同じ姿勢でいることも、姿勢維持のために筋緊張が強くなってしまいやすいと言えます。

・前屈み動作の繰り返し

前屈み動作は、腰に大きな負担がかかる動作です。
仕事や日常生活で前屈動作を繰り返している場合は、腰の筋肉、背骨に負担をかけてしまいます。

 

【ぎっくり腰の症状】

 

背中から腰、骨盤部分にかけての激しい痛みに襲われ、「背中が伸びなくなる」「前に屈めない」「寝返りがうてない」「何もしなくても痛い」など、患者さんによってさまざまな症状がみられます。
発症して3日ほどは強い痛みがありますが、時間とともに痛みはひいてきて、1週間から数週間ほどで自然と痛みが消えていくというケースが多くみられます。

 

【ぎっくり腰が起こりやすいタイミング】

 

ぎっくり腰の要因として、次のような状況がよくみられます。

・前屈みで重たい物を持ち上げた
・急に体幹を強く捻った
・くしゃみをした
・うがいをするために腰を屈めた
・下に落ちたものを拾おうとした

日常で行えるぎっくり腰の予防法

ぎっくり腰は原因がはっきりとは分かっていないために、「これをやれば大丈夫」というものはありません。

しかし、日常生活で適切なケアを行っていくことが予防に繋がります。

こちらでは「日常生活で行えるぎっくり腰の予防法」をご紹介していきますので、ぜひ実践してみてください。

 

【日常生活で行えるぎっくり腰の予防法】

 

ぎっくり腰を予防するためには「筋に柔軟性をつけておくこと」「血流を改善して疲労をためないこと」が大切になってきます。

 

・ストレッチ

腰の前屈動作は、股関節と背骨が連動することで行われています。
しかし、股関節に硬さがあると、主に腰を曲げることで前屈をすることになりますので、腰への負担が増えてしまうことに繋がります。
腰に疲労をためないためにも、股関節まわりをストレッチで柔らかくしておくことが大切です。

 

<お尻のストレッチ(左のお尻を伸ばす場合)>

・椅子に座った状態で、右膝の上に左の足首を乗せます。(左膝が開いた状態)
・そのまま、上体を前に倒すことで左のお尻にストレッチを加えることができます。
背中を曲げるのではなく、骨盤から前に倒すように意識しましょう。

 

<腰まわりの体操>

・仰向けに寝て、両膝を立てます。
・上半身はそのままで、両膝を揃えて左右に倒すことにより、骨盤から腰まわりの体操を行うことができます。

 

・全身運動(ウォーキング)

全身の血流を改善するためにも、習慣的に運動しておくことが大切です。
ウォーキングでは、通常よりも大股で歩くことにより、骨盤を支えるために重要な「腸腰筋」を大きく動かすことができます。

また運動は、身体の緊張にも繋がる「ストレス」の発散にも効果的です。

 

【日常生活で気をつけること】

 

「下に落ちたものを拾う」「荷物を持ち上げる」など、前屈動作をとる場合は、膝から曲げるように意識しましょう。
背中を曲げる動作は、腰まわりの筋肉、背骨への負担が増えてしまうと考えられるためです。

膝から曲げることが難しい場合は、壁や膝に手をつきながら前屈することで、腰への負担を減らすことができます。

著者 Writer

著者画像
院長:山田 真人(やまだ まさと)
出身:京都市出身
資格:柔道整復師、中学・高校保健体育教員免許 
スポーツ歴:野球(甲子園出場)、ラグビーのトレーナー(大阪府警)
趣味:スポーツ観戦(特にラグビー観戦)、旅行、寿司と焼肉が大好き

患者さんへ一言:約8年大阪の老舗針灸接骨院で勤務し外傷から原因不明の病気や難病患者のリハビリも経験し、代償運動をみつけて改善する事が得意です。
元大阪府警ラグビー部のトレーナーでもありスポーツ障害も得意としています。
リンパドレナージュを選手のコンディショニングに取り入れ、トップウェストリーグ優勝に貢献し、大阪府警から感謝状をいただきました。
パラリンピック選手、Jリーガーのコンディショニングも行った経験があります。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院
住所〒120-0034 東京都足立区千住3-48
最寄:JR北千住駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院 公式SNSアカウント 北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院 公式SNSアカウント 北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】北千住中央整骨院・北千住中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中